看護師になるにはどうしたらいいの?

看護師になるには、高校を卒業したあとで3年生の専門学校か短期大学、4年制の大学で専門分野について学ぶ必要があります。
これらはいずれも看護系の勉強をすることが出来る学校である必要があり、それらを無事卒業することで国家試験を受験する資格を得ることが出来ます。

看護大学や短期大学、専門学校を卒業した時点ではまだ看護師になったわけではなく、所定の単位を取得して専門分野の教育を受けることによって受験資格が与えられます。
この国家試験の合格率は年によって異なりますが、例年およそ90%前後で推移しています。

看護師になるには専門学校か短期大学、大学のいずれかで勉強をすることになりますが、それらの中には卒業後看護師として指定された病院で決められた期間働くことで、授業料が免除になる制度が導入された学校もあります。

病院に付属している専門学校などに多いケースですが、この制度を使って入学すると費用をほとんどかけずに看護師の資格を取得することが出来ます。
決められた年数については3年前後としている病院が多い傾向にあります。

看護師の免許を取得する為に、大人になってから専門学校に通う人も増えています。
免許を持っていれば求人の多い業種ですので、夜間の専門学校などに通学して仕事をしながら通学して看護師になることもできます。

合格率は専門学校や大学のレベルによっても異なります。
レベルの高い専門学校では高確率が例年100%に近いところも珍しくありません。
当然合格率の高い学校には入学する時のテストも難しいですので入りにくくはなりますが、レベルの高い講義を受けることが出来ます。

看護師を目指すために高校から進学を目指すときには、4年生大学を選んでおくと助産師や保健師の国家資格の受験資格を得られるケースもあります。
将来的に助産師や保険師になることを考えている場合には、こうした制度が導入されている大学を選んでおくと、後から勉強しなおす必要が無く便利です。

医療事務と看護師、目指す過程の比較

医療機関で働くことを目指す場合、看護師の他には医療事務という仕事があります。
医療事務の仕事は看護師の仕事と比較すると、医療の現場ではなく主に会計面での病院の仕事を担うことになります。
看護師は国家資格ですし、その試験を受験する資格を得る為に最低でも3年間は学校に通う必要がありますが、医療事務にはこうした必要はありません。

医療事務の仕事をするときに役立つ資格はありますが、国家資格ではありませんので必ずしも資格を持っていなくてはならないわけではありませんし、看護師のような免許制ではありません。
同じ医療関係の仕事ではありますが、看護師と比較すると未経験者でも採用されるケースがありますので、職に就くまでの労力は圧倒的に看護師のほうが多く必要です。

看護師は国家資格ですし医療の現場で働く仕事ですので当然求められる知識も多くなります。
そのため、以前では専門が校は2年で卒業できましたが、現在では3年となっています。
看護師を目指すには最低3年間は勉強しなくてはならないのに対して医療事務は資格を取得するといっても国家資格ではなく、経験が重視される職場ですので経験者が優遇される傾向にあります。

医療事務の仕事は近年機械化が急速に進んでおり、以前必要だった知識が必要なくなったり、逆に新しい知識が必要になることが増えています。
看護師を目指すために看護学校で学ばなくてはならない知識は膨大で、実習やレポートなどでは挫折者が続出するケースも珍しくありません。

それに対して医療事務は資格職ではなく現場での経験がものをいう仕事ですので就職してから多くの仕事を覚えるという点で看護師の仕事と大きな違いがあると言うことが出来ます。