女性の転職は30歳までが限界?その理由とは

女性の働き方も多様化しているので、転職はいつでもできると思っているような人もいますが、現実的なことを考えるなら転職は早くにしたほうが良いです。
特に女性は出産・結婚後も同じ会社で長く勤務していきたいと感じるのであれば、20代のうちにこの先も長く働ける会社に転職しておいたほうが今後の自分のライフプランというのもたてやすくなるものです。
理由の一つに30歳を過ぎてからの転職だと、子育てや出産などへの協力・理解が得られにくく、転職して新しく入った会社ではまだ仕事も教えられる立場にいることから受け入れられないこともある、ということがあるものです。

また、20代であればまだ色々な会社の方針に染まっておらず、使いやすいといった現場の声などもあります。
同じ会社にいる歴が長くなればなるほどその会社の経営方針や考え方に染まってしまうようなことも多いですから、できるだけ若くまだこれから教えがいのある人のほうが都合が良いということもあるでしょう。

求人採用担当の本音として、同じ技量や経験を持っているのであれば、出来るだけ20代を採用したいという本音があることも知っておくと良いです。
なかなか取得できない資格を保持していたり、専門職のスペシャリストであれば30歳過ぎても求められることは多いですが、そういった専門職でないような人であればなおさら、今の職場では長く働けないと思うのであれば、早いうちに転職してみると良いでしょう。

そして30歳を超えてしまうと20代の時の転職のようにはなかなかいかないということもあります。
今は正社員の雇用枠がとても少ないということもあり、正社員として働きたくてもできない20代の第二新卒の人も多くいますから、そういった人を優先に企業も採用してしまうということがあるものです。

ですから別業種への転職を考えているなら20代のうちにしておいた方がいいでしょう。
女性はどうしても結婚、出産により今までの生活が変わってしまうものですから、転職したいなら早くからスタートさせましょう。

別業種への転職を考えているなら20代の内に!

そして転職時に別業種への転職を考えているような人であっても、20代のうちに転職したほうが良いです。
何か資格を取るにも、出世を狙うにも、結婚して出産もしてしまうと自分のことに時間をかけられなくもなりますし、子育てに一生懸命になってしまって職場にも迷惑をかけてしまうことが多くなるものです。

また、自分の体力にも限界を感じることが多くなるでしょう。
20代であれば一時的に子育て優先になっても、またすぐに挽回でき、30代、40代は仕事に集中することもできるでしょう。

職場に理解してもらうということも大事ですし、協力してもらうことが仕事を継続させていくコツでもありますから、自分の限界を先延ばしにするという意味でも20代で転職をするのがおすすめです。
また、最初に入社する会社で社会のあれこれを学ぶこともできるものですから、最初の会社で自分に合わない会社を選んでしまうということはよくあることでもあるものです。

ですから思い切って20代のうちにやめるのを決心して、転職活動をしてみましょう。
一度社会人を経験していることで電話対応、面接時の受け答えなどは上手にできるということもあるので、社会人経験もうまく活かしながら転職を行っていくと良いでしょう。
また、20代であればちょっとした失敗やマナー違反も許してもらえることもあります。

30代になると非常識な人だと思われてしまうようなことも多いので、20代は成長する機会を与えられているのだということも覚えておくと良いでしょう。
20代の転職が有利なのは、そうした可能性も人事部から魅力だと思われているということがあげられるでしょう。
ですから、20代女性ならではの可能性を信じて転職活動をしてみましょう。