ストレス社会?!医療事務の退職理由について

社会人として仕事をしている上で多くの人が悩みとして抱えるのが人間関係です。
学校という同じ年代の狭い世界とは違い、社会は様々な世代の人からいろんな考えを持った人まで集まるため、意見の食い違いなどが発生してストレスになるのは当然のことだと言えます。

どんな仕事でも大変なのは当然なのですが、特に難しい仕事だというイメージがあるのが医療事務です。
医療事務は比較的女性が多く勤めている傾向があることから女社会だと言われています。

なぜ医療事務では人間関係の問題が発生しやすいのか。
それには大きく2つのベクトルが存在します。
まずは同僚との仲です。
同じ時期に勤め始めた人や年齢が近い人というのは比較的うまくいく可能性があるのですが、女社会であれば必ずベテランの域にいるお局が存在します。

このお局に悩まされる人というのは実際多く、退職理由としても多くの人がこれを理由に挫折しています。
女というのは例え気のない男性であっても、近場に異性がいるとちょっと控えめな態度になってしまうものです。
しかし女社会であることから妬みを言いやすい環境となるため、遠慮なく悪口を言うようになってしまいます。

女というのは噂が好きな生き物ですから、陰口もすぐに本人の耳に届いてしまいます。
更には医療事務という現場はそれほど広い世界ではないのでちょっとした人間関係のストレスも大きな物に変化しやすいという特徴があります。

もう1つのベクトルとしては患者さんとの接し方によるものです。
病院というのは何かとお金がかかりますし、更には心身共に弱っている人も多いのでデリケートで気が立っている患者さんも少なくはありません。
そのため接し方を少しでも間違えれば相手の逆鱗に触れてしまう可能性もあり、それが理由で辞めてしまう人もいます。

2つのベクトルがあるものの、どちらも人間を相手にする悩みであることにかわりはありません。
自分1人の問題ではない場合もあるため、耐え切れないと判断すれば退職を選んでしまうという人も多いのが現実です。

前職の退職理由を聞かれた時に「人間関係」はNG!

医療事務は安定した仕事としても認識されているため、目指している人は少なくはありません。
立ち仕事なわけではありませんし、体力仕事というわけでもありません。
そのため落ち着いて仕事に取り組むことができるというような印象を受けます。

だからこそ年齢問わずこの仕事に挑戦してみようという人が多いのですが、ここで注意したいのが採用試験の際の面接です。
面接では様々なことが聞かれますが、その時に「人間関係に関してネガティブに捉えられるような発言」をしてしまうと一気に不採用に近づいてしまう恐れがあります。

応募者からすればあまり関係ないように感じられる人間関係というものですが、現場の人間からすればコミュニケーション能力がどれだけ大切なものかを理解しています。
職場内だけではなく患者さんとの関係を良好に保つことができなければ仕事にすらならないということです。

そのため募集側は専門的な知識だけではなく、人間力をしっかり見て採用か不採用かを判断します。
つまりコミュニケーション能力が高いというアピールをしなければならないのです。

今日ではどの業界で働いていても人間関係を理由に退職する人はたくさんいます。
しかしそれを次の転職先に言ってしまうのは不安しか与えないのでNGです。
特に医療事務という狭い世界では尚更です。

採用を勝ち取りたい、新しい仲間として歓迎されたいという気持ちがあるのであれば、誰とでもコミュニケーションをとることができる人間力を身に着ける事、そして退職理由も前職の同僚や上司を理由にするのだけは避けましょう。

これを気を付けるだけでも募集側に安心感を与えることができますし、採用を勝ち取るために一歩も二歩も近づくことができるでしょう。