注目記事

医療事務は医療の現場を支える仕事の一つで、非常にやりがいが感じられることから、女性に人気のある職業となっています。
また、正社員をはじめ、パートや派遣社員など、様々な業務形態があるため、ライフスタイルに合わせた働き方を選びやすいというメリットもあります。

最近は、テレビなどでも医療事務という名前をよく耳にするようになりましたので、医療事務が病院などで働く事務職であるということはすでにご存じの方も多いでしょう。
一方で、医療事務では具体的にはどんな仕事をするのかということまでは理解していないという方も少なくないはずです。
けれども、転職活動を成功させるためには、医療事務の仕事内容や資格の必要性などについても詳しく確認しておくことが大切になります。

医療事務ってどんな仕事?資格は必要?

医療事務の女性

病院や診療所などの医療機関に行くと受付や会計の対応をしてくれる人がいますが、そういった医療機関で医療に関わる事務全般を担う職業のことを医療事務といいます。
患者さんが医療機関を受診するときに一番最初に出会うことになりますので、病院や診療所にとっての顔ともいえる存在です。

勤務先や診療科目によっても異なりますが、医療事務の主な仕事というと、受付や会計のほかに、予約管理、カルテ管理、データ入力、医療費計算、レセプト業務、電話応対などがあります。
基本的には受付で患者さんの応対をしながら、合間に様々な作業をこなしていくことになります。

さらに、規模が小さな診療所などでは、それらの仕事に加えて、看護補助や介添え、器械の洗浄・消毒、掃除などの雑務を担当する場合もあります。
忙しい医師や看護師に代わって様々なサポート業務を柔軟にこなしていくことが必要です。
一方で、総合病院の場合は勤務している医療事務の人数も多く、仕事が細分化されているため、すべての仕事を一度に任されるようなことは少ないです。
その代わりに、より熟練した知識や技術が求められることもあります。

医療費計算やレセプト業務

このように仕事内容は多岐にわたりますが、その中でも医療事務のメインともいえる仕事が、医療費計算やレセプト業務です。
レセプトとは、保険者に診察料を請求するために作成する明細書のことです。

保険診療の場合には、患者さんの自己負担は診察料の1~3割程度となります。
そのため、カルテで診察内容を確認しながら、加入している医療保険に応じて医療費計算を行って、患者さんに自己負担分の診察料を支払ってもらいます。
そして、レセプトを提出して残りを保険者に請求するというわけです。

医療費計算やレセプト業務に関しては、ミスをしてしまうと病院や診療所の利益にも関わってしまいます。
最近は、医療費計算やレセプト業務にパソコンを導入している施設も増えてはいますが、専門的な知識が必要とされる重要な仕事であることは変わりません。
では、そういった専門的な知識が必要となるのであれば、医療事務に転職するためには、やはり資格を取得することが必須条件となるのでしょうか。

結論から言うと、医療事務に転職するためには資格は必要ありません。
しかしながら、資格は一応存在していて、一口に医療事務の資格といっても、実に様々な種類があります。
複数の団体により主催されていて、医療事務の資格だけで数十種類もの資格が存在しているといわれています。

ただ、それらはすべて民間資格で、国家資格ではありません。
また、医師や看護師などの医療従事者の資格とは異なり、医療事務の資格を取得したからといって、資格保持者にしか許されていない業務などがあるわけでもありません。
ですので、医療事務の仕事に就くためには、必ずしも資格が必要となるというわけではないのです。
実際に、資格を持たずに医療事務として働いている人もたくさんいます。

医療事務は資格ありでも未経験では厳しい

悩む女性

医療事務の資格を取得しておくことで、医療事務として働きたくて勉強を頑張ったことを面接でアピールすることは可能です。
しかしながら、施設の規模や診療科目、病床の有無、レセプト業務に用いるコンピューターのメーカーなど、様々な要素によって仕事内容は異なります。
ですから、いざ医療事務として働き始めると、資格のために身につけた知識が役立たないということもありえます。

そういった理由もあり、医療事務の採用者を選ぶ際に採用担当者が最も重視することといえばやはり実務経験です。
病院経験者や診療所経験者などの実務経験者は、未経験者よりも優先的に採用されることが多くなります。
過去に総合病院に勤務していた病院経験者であることを採用条件としている病院や、同じ診療科で勤務していた診療所経験者を求める診療所などもあります。

要するに、即戦力として働いてくれる医療事務を求めている医療機関がとても多いのです。
特にレセプト業務は迅速さや正確さが必要となる業務ですので、レセプト関連業務に携わっていたことがある病院経験者や診療所経験者はより歓迎される場合が多いです。
1年の実務経験がある無資格者と実務経験のない有資格者が面接を受けたとしたら、前者の方が採用される確率は高くなります。

経験を積めば手に職の医療事務

このように、医療事務は専門的な知識が必要となるため、ほとんどの場合は実務経験者の方が優遇されやすいです。
けれども、実務経験者が優遇されやすいということは、裏を返せば実務経験さえ積めば、長く働き続けられる仕事でもあるということです。
もし結婚や出産などをきっかけに一旦辞めることになったとしても、再就職がしやすいうえに、日本全国どこへ行っても仕事を続けられます。

とはいえ、病院経験者や診療所経験者が優遇されやすいというだけで、未経験者が採用されることが絶対にないというわけではありません。
中には、病院経験者でも診療所経験者でもないまったくの未経験者でも採用してくれる医療機関ももちろんあります。
ですので、未経験者の方は、とりあえずパートや派遣社員としてでもよいので、雇ってくれる施設で最低1年以上は働いて実務経験を積みましょう。

医療事務の大切な仕事の一つに、患者さんへの応対があります。
したがって、実務経験以外では、話し方やコミュニケーション能力なども採用の判断材料となり、未経験者の場合には患者さんの応対や電話応対が上手にこなせそうな人の方が採用されやすくなります。
さらに、医療現場はチームワークが大切になりますので、他のスタッフと上手く付き合えるということも重要です。

それから、医療事務の職場でもコンピューター化が進んでいて、パソコンを使って作業することも増えています。
ワードやエクセルなどを含め、基本的なパソコン操作は最低限身につけておいた方がよいです。
そして、面接では、仕事へのやる気や前向きさ、責任感の高さなどをアピールするようにしましょう。

求人・転職をするならWEBの求人サイトで探そう

求人サイトを見る女性

では、実際に医療事務に転職する際には、どのように求人情報を探せばよいのでしょうか。
医療事務の求人情報も、最近はインターネット上で簡単に探すことができるようになりました。
一般の求人サイトにも医療事務の求人情報は掲載されていますが、医療事務の求人に特化した求人サイトであれば、一般の求人サイトより医療事務の求人に関する情報量がはるかに多いです。

そして、中でもおすすめなのが「医療事務求人ドットコム」というサイトです。
医療事務求人ドットコムは数ある医療事務の求人サイトの中でも圧倒的な求人数を誇っていて、全国の医療事務の求人情報が8万件以上も掲載されています。
他のサイトでは見つからないような求人を探しているときにも、ぜひ医療事務求人ドットコムを利用してみてください。

エリアや職種、雇用形態のほかに、未経験歓迎や資格なしOKなど様々な条件で候補を絞れますので、膨大な数の求人の中から自分の理想にピッタリな求人をピンポイントで探し出すことができます。
募集要項以外にPRポイントも紹介されているため、各施設の特徴やメリットがとてもわかりやすいです。
もし応募したい施設が見つかったときには、サイト内に設置されている応募フォームから手軽に応募することができます。

さらに、医療事務求人ドットコムでは転職に関するサポートがすべて無料となっていて、転職活動を行う際には専任のキャリアコンサルタントによるアドバイスを受けることができます。
初めての転職はわからないことだらけですが、医療事務求人ドットコムを利用すれば的確なサポートにより、安心して転職活動を進めていくことができるはずです。

また、「グッピー」は医療・介護関係の仕事に特化した求人サイトで、医療事務の求人は4700件程度扱っています。
総合病院をはじめ、小規模なクリニック、薬局、老人ホームなど、幅広い施設を扱っていますので、自分に最適な職場を見つけることが可能です。

絞り込み検索機能を使って希望の条件と一致する求人を探せるのに加え、採用担当者からスカウトを受けたり、条件に合う優良求人が出たらメッセージで知らせてもらったりすることもできます。
無料の適性診断もぜひチャレンジしてみましょう。

それから、「ジョブメドレー」は医師が立ち上げた総合求人サイトで、医療・介護福祉・歯科に関する求人を扱っています。
事務・受付関係の求人が7000件程度掲載されていて、そのうち医療事務が500件程度となっています。

さらに、会員登録すればキャリアコンサルタントによる無料サポートを受けられ、優良な非公開求人を紹介してもらうことも可能です。
履歴書の書き方や初出勤までの準備など、転職に役立つ様々なコラムも掲載されています。

他にも、インターネット上にはいろいろな求人サイトが存在します。
自分に合う求人サイトを利用して、理想通りの求人を探しましょう。

どの求人サイトが一番いいの?

たくさんの求人サイトが存在しているため、どのサイトを利用すればよいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるはずです。
もし求人サイト選びで悩んだときには、複数の求人サイトをまとめて比較できる比較サイトなどを利用してみることをおすすめします。

転職エージェントナビ

たとえば、「転職エージェントナビ」というサイトは転職エージェントを探すためのサイトですが、医療事務系の求人サイトを比較しているコラムも掲載されています。
コラムでは医療事務に特化した求人サイトから一般の求人サイトまで全部で13件が紹介されていて、それぞれのサイトの特徴や掲載されている医療事務の求人数などを比較することが可能です。

さらに、求人の探し方や転職理由を聞かれたときの答え方などについての説明も記載されています。
ですので、求人サイトを探すとき以外にも、転職する際にはとても参考になるサイトです。

転職サイト図鑑

また、「転職サイト図鑑」も転職サイトや転職エージェントを探すためのサイトです。
サイト内にはいろいろな職種の求人サイトを紹介するためのコーナーがあり、その中に医療事務の求人サイトを紹介しているページもあります。

医療事務に特化した求人サイトをはじめ、女性向けの求人サイトや一般の求人サイトなど、全8件の様々なタイプの求人サイトがまとめて紹介されています。
扱っている求人数や対象の雇用形態、サイトの特徴などがわかりやすくまとめられているため、わざわざすべてのサイトをチェックしなくても、お気に入りの求人サイトを見つけることができるはずです。

ナースランク

それから、「ナースランク」という比較サイトも参考にしていただきたい比較サイトの一つです。
おすすめの求人サイトをランキング形式でわかりやすく紹介していることがナースランクの大きな特徴です。
独自調査や解析ツールによって導き出した評価点ランキングに加え、実際にサイトを利用して転職活動を行った方の評価をもとにした口コミランキングも紹介されています。
2種類のランキングの結果を参考にすれば、手間をかけずに複数の求人サイトを比較することが可能です。

また、各求人サイトの特徴や分析結果、利用者の感想などが詳細に紹介されていることも特徴の一つとなっています。
そのため、ナースランクを利用すれば、自分にとって最適な求人サイトを見つけ出すことができます。
さらに、各サイトの分析結果や登録手順などが掲載されている点もありがたいです。

ナースランクは名前の通りナースの求人サイトを探している方に向けた比較サイトではありますが、検索窓に医療事務と入力して検索すると、医療事務の求人サイトを探している方に向けた情報も調べることができます。
ナースランクには医療事務に転職するうえで知っておきたいアドバイスなどもいろいろと掲載されていますので、未経験者の方も経験者の方も転職する際にはぜひ参考にしてみてください。

ナースランクで医療事務の求人をチェック!